前へ
次へ

バーチャルオフィスなら都市部に本社を置ける

会社を設立するときに個人だと自宅で主に仕事をするかもしれません。法人登記をするときには本社を登録する必要があり普通なら仕事をする自宅で登録するのでしょう。しかし会社の本社が住宅地だと取引先との信用の面で問題が出るかも知れません。そんな時に活用したいのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスは仮想のオフィスで、基本的には法人登記した場所に事務所などはありません。もちろんその場所にバーチャルオフィスを運営しているビルなどが入っていて一定のサービスが受けられるようになっています。バーチャルオフィスが運営している会議室などが利用できるところもあります。名刺にはもちろんバーチャルオフィスの場所を記せるので、取引先に対して本社が都市部にあると示せます。ビジネスを始める当初はできるだけコストを抑えたいのでしょうが、バーチャルオフィスは実際に都市部にオフィスを構えるよりもかなり安く運営ができるのがメリットになりそうです。

Page Top