前へ
次へ

バーチャルオフィスで自社の信頼性を上げよう

仕事を得るためには信用が要になるので、企業や個人事業主は信用構築のために日々工夫しています。信用を構築するには仕事で結果を出し続け、クライアントの期待に応えていく必要がありますが、どのような企業も独立開業した直後は信用が低いです。そこで少しでも信用を高めるために使用されるのがバーチャルオフィスのサービスです。月額数千円で利用できるサービスで、場所を借りられるという魅力があります。これは個人を例にしても言えますが、住所がないだけで社会的な信用を得ることが難しく、国や自治体の給付金や支援金を受けられなくなることが多いです。これは事業者の場合も同様で、住所があることは大前提ですが、どこに住所を置いているのかも重要なポイントになります。バーチャルオフィスの強みは、自分が置きたい場所にオフィスを置けることです。どのエリアでビジネス展開をすれば集客力が高いか、また費用対効果に優れているか、などのシミュレーションをしてみましょう。バーチャルオフィスと聞くと怪しいイメージがあるかもしれませんが、すでに幅広く普及した安全なサービスです。住所や電話番号、会議室の借入れなど、サービス内容が制限されている反面、料金は相当に安価に抑えられています。これが通常のレンタルオフィスとなると、賃料はバーチャルオフィスの10倍を超えることが少なくありません。月額で安くても数万円の世界ですから、開業したばかりの個人事業主だと賃料の捻出が容易ではないでしょう。バーチャルオフィスは場所を借りるだけなので、オフィス用品を備える必要はありません。IT集積地や都心にオフィスがありながら、作業は別のオフィスや自宅で可能です。住所の有する影響力は絶大であり、バーチャルオフィスでIT集積地をオフィスに設定したら、クライアントからの依頼が数倍に増えたという話は少なくありません。信用力と利益が上がってきたら、その時点でバーチャルオフィスからレンタルオフィスに乗り換えするという手もありです。

EC業界関係者が選ぶバーチャルオフィスサービス第1位
確かな実績のNAWABARIをぜひご利用ください

Page Top